new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

しんどいから おもろいねん

1,980円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー3件

送料についてはこちら

発行日:2024年5月20日 頁数:196ページ 判型:B6 ISBN:978-4-907140-51-9 ●内容 『コトノネ』の人気連載が書籍になりました! 滋賀県東近江にある障害者就労支援センターで「はたらくことの応援」をしている、野々村光子さんの初エッセイ集。 季刊『コトノネ』で連載された「なにをやんねや」「よう来たな みっちゃん」22編に加え、書き下ろし5編を収録。 野々村さんと「はたらきもん」たちが織りなす、働くよろこびにあふれた日々のものがたりを、ぜひご覧あれ! ●目次 ゴミ屋敷の住職 ハングリーな男 目の下クマのべっぴんさん 地域を育てる放火魔 職長 「私の事を呼び捨てにする大人たちシリーズ」おとな①  〜忘れ物の多い木こり〜 私が愛した男  〜命がけの時間〜 私を愛する男  〜19回目のプロポーズ〜 私に時間をくれた男  〜みっちゃんとてるちゃん〜 私にレッテルを貼る女  〜自問自答〜 「私の事を呼び捨てにする大人たちシリーズ」おとな②  〜背の高いアリス〜 私を通い妻にした男  〜優しい孤独〜 私をトキメカセル男  〜人生の時間色〜 私が憧れる女  〜スポットライトはいつも隣に〜 私をファンクラブに入れてくれた女子  〜15歳のキミ〜 前編「出逢い」 私をファンクラブに入れてくれた女子  〜27歳のアナタ〜 後編「働くと愛」 「私の事を呼び捨てにする大人たちシリーズ」おとな③  〜句読点が抜ける通訳者〜 私のセンパイ  〜優しき労働者〜 私の右手を握る女子  〜若い春〜 私の心におる男  〜生き様ロックンロール〜 私を包み込む男  〜曇りガラスの向こう側〜 「私の事を呼び捨てにする大人たちシリーズ」おとな④  〜御幣を持つジャンヌ・ダルク〜 私の肩を抱く男  〜エピソードマン〜 私を自分の世界に連れてく男  〜男気と言う服を着る〜 私を待たせる男  〜風呂上がりのボクサー〜 私が愛しむ男  〜切なく優しいネタ帳〜 「私の事を呼び捨てにする大人たちシリーズ」おとな⑤  〜ワインとチーズを好むサムライ〜 ●著者 野々村光子

セール中のアイテム